成長する会社とそうでない会社の分岐点は…デジタル・ファーストか否か!!

ここ最近、数本のコンペでプレゼンの機会がありました。

その経験から、いくつか感じることがありましたので、ちょっとメモのように記事を書こうと思います。どちらの会社も我が国を代表する大企業の販促企画のプレゼン!

そして、その中で強く感じたことが、ウェブ・マーケティングに対する挑戦意欲の低さです。

ウェブ・マーケティングを実践していくにはとても多くのリスクが伴います。具体的にはSNSを社員に任せてしまうと、言ってはいけないような表現を使ってしまい、大炎上してしまい、企業イメージやブランド価値を損ねてしまったり、個人情報を収集すると流出の恐れがあります。

確かに、個人情報の流出や誤ったSNSでの情報発信は、究極的には企業を倒産に追い込むリスクが有ることも事実です。

だからでしょうか?日本の大手企業はとにかくウェブやインターネットを活用した情報発信・情報収集に極めて消極的です。何をやるにしても本部の意向を確認し、少しでもリスクのあることはやらない…となります。

結果、相も変わらず馬鹿の一つ覚えのように、告知にはチラシやDMを活用し、アホみたいに無駄な金を垂れ流しています。

一方、今どきの消費者はというと、その殆どがスマホを検索して情報収集し、自宅では新聞を取っていない家庭も増えてきています。実際に私も、もう数年前から自宅で新聞は取っておらず、インターネットから情報収集を行っています。自分の情報の殆どもインターネット上に保管し、ネットがなければ生活に支障をきたすところまで浸透しています。

消費者はスマホなどのデジタルツールが生活上の基盤!かたは企業は新聞の折込チラシや雑誌広告で情報発信!

残念ながら…これで、成果なんて出るはずないですよね!

GAFAと言われる、世界を牛耳る4強企業であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonは言うに及ばず、今をときめく注目企業、エアロバイクだけでアメリカを席巻し、企業価値5,000億を軽く超えてしまったPeloton、創業たった3年で急成長を遂げた旅行バックのAWAY等の成長企業は例外なくみんなデジタルファースト!

デジタル技術を経営の中心に据えて、デジタルファーストで経営しています。

かたや、日本が誇る1部上場企業が相変わらず新聞の折込チラシですよ…(汗)

日本の大企業の体たらくぶりをあらためて垣間見る瞬間でした。

中小企業のビジネスオーナーの皆さん!

大企業のサラリーマンが消費者のことを考えず、自分たちの保身ばかりに熱中している今こそ、デジタルファーストの経営で一気に抜き去るチャンスだと思いますよ!

一緒にデジタルファーストのビジネスモデルを構築しませんか???きっと素敵なアイディアがいっぱい出てくると思いますよーー!!

関連記事

  1. 2019年!中小企業にとって今年の景気はどのように影響するかを考えてみた!?

  2. 「カメ止め」成功の秘訣はなんなのか…?私なりに考えてみた!!

  3. LTE対応で今一番かっこよくてビジネス用途にマッチするノートPCをポチッとした話し・・・。

  4. 中小企業はインターネットを有効に活用しなければ必ず淘汰される

  5. 営業マン

    トップセールスとダメセールス!その差は営業をかけるタイミングにあり!

  6. マーケティングこそが中小企業成長の起爆剤!

  7. SEO対策にもブランドが重要というのは本当か!?ブランド力と検索順位の関係性!!

  8. カメラを止めるな!

    映画「カメラを止めるな」こそ、中小企業の行うべき戦略のヒントが隠されている!

アクセスランキング

  1. ウェブマーケティング
PAGE TOP