新車購入で最大限の値引きを引き出す交渉術!

車の商談

こんにちは、渡瀬でございます。

先般、久しぶりに車の購入をしたので、新車購入時にディーラーの営業マンさんからたくさんの値引きを引き出す交渉術に関するノウハウをお話ししたいと思います。てか、最近ウェブマーケの話を全然していないのがちょっと…(笑)

そして、値引き交渉ののことも、あんまり書きすぎるとディーラーさんに叱られちゃうと思うのでざっくりとお話をさせていただきますね!

商談の流れ

最近のディーラーの営業さんは、車種、グレード、色、メーカーオプション、ディーラーオプションとすべての仕様、内容を決定してから商談(価格交渉)が始まります。いくらになるの?と尋ねると「本当にギリギリなんですが20万円でどうですか?」「もうこれ以上値引きすると会社クビになっちゃいますよー!」などとおっしゃいます。そこで、ゴリゴリと値引き交渉することになると思います。

しかし、場当たりの値引き交渉ではいくらやっても大きな値引きは期待できません。

それでは、どのように進めたらいい??

車商談

まずは目標の値引き額および予算を決めておく

今はネットなどで調べれば他の方がいくら位の値引きを獲得したか大体わかりますよね!それらの金額を参考に目標の値引き金額を事前に決めておいて下さい。

はなっから無理な金額を設定しても商談になりませんから、ある程度頑張れば引き出せるかもっていうギリギリの高い目標を設定しましょう!

グーネットの新車値引き相場価格コムなどで値引きの相場を調べることが出来ます!!

グレードや必要なオプション決めておく

実はいちばん重要なポイントは、商談する前に購入する車種、色、グレード、なんのオプションをつけるかをしっかりと決めておくことが重要です。

今では各メーカーのサイトに行けば事前に見積もり価格を調べることが可能ですから、メーカーサイトでしっかりとそれぞれのオプションを調べて自分かほしい車の仕様をしっかりと固めておきましょう!

オプション品はカー用品店で見積もりをとっておく

次にオプション品はイエローハットやオートバックスなどのカー用品店で購入する場合、いくら掛かるかしっかりと見積もりをとっておきましょう。ここで一番重要な商品はカーナビでしょうね!!

目標値引き額は車両本体とオプション品で分けて設定する

そして、はじめに立てた値引き目標金額を車両本体とオプション品とで分け、それぞれで設定しましょう!

なぜなら、営業さんが持っている車両本体の値引き額は、おおよそですが誰だろうがどこだろうが決まっています。そして、ゴリゴリ値引き交渉をしてくるお客に対しては特にディーラーオプション品を勧めそこでこっそりと値引きしているんですね!なので、そこをまるっと丸め込まれないでしっかりと交渉したほうが素敵な値引き交渉になります。

以上、4つの準備をして交渉に臨みましょう!

具体的な商談では、、、

まずはあまりオプション品をつけずに商談をはじめる

はじめに営業さんは車種やグレードを決めて、一つ一つメーカーオプション、ディーラーオプションの内容を説明してくださり、これはつけますか?これはいらないですか?と聞きながら車の仕様を決めて全体の価格を出してくれます。

この段階でこちらのほしいオプションを全部つけて手の内を晒しちゃうと、営業さんは頭の中で車両本体はある程度の値引きでとどめておいて、オプションで値引きしてトータルの値引きがさも大きいように見せてきます。

こちらからの希望値引き額を若干多めに伝える

さあ、仕様が決まり、本体・オプション・その他諸経費の金額明確になり、総額が明らかになりました。この段階で最終目標金額よりも若干大きめの金額を希望値引き額として伝え、先方の出方を伺う!
※あまりにも無理な金額を言うとその段階で商談は終わってしまいますので全力で交渉すれば手が届きそうな金額をちょっと上回るくらいの金額がベターだと思います。

希望の値引きに応じてくれるなら本日契約する旨を伝える

こちらの値引き希望額をすんなり受け入れてくれたら、もうそれでOKなんですが、そうは問屋がおろしません。せめてこれくらいにしてくれませんかなどと営業さんなりの金額を提示してくれるので、車両本体の目標値引き額位を引き出すつもりで、本日、頑張ってくれるんだったら契約してもいいよと伝えます。

これを、適切なポイントで言っておくと、多少無理な金額を言っても途中で商談を打ち切られちゃうことはありません。

多分、このやり取りはとても生々しく、ちょっと店長にとか、カードを作ってくれたらとか、JAFに入ってくれたらとか色々と条件を言ってくれます。それらを判断しながら徐々に値引き金額を積み上げていきます。

そして、車両へ引き目標がクリアー出来たら次のフェーズに入ります!

希望オプションを追加し、サービスしてもらう交渉に入る

ほぼほぼ、本体値引きがMAXまで来たと判断したら、次に「じゃあもう一声、これをサービスでつけてくれませんか?」「このオプション品とこのオプション品をつけるので○○はサービスしてくれませんか?」とオプション品での値引きを全力で引き出します。
この段階の交渉カードとしてカー用品店での見積もりを出したり、伝えたりしながら値引き交渉をゴリゴリと行いましょう!

特にディーラーオプションではそこそこ利幅持ってますのでカー用品店さん金額くらいは間違えなく値引きに応じてくれるはずです。ここまで来たら、値引き目標金額に手が届いているのではないでしょうか?

最後は…この金額にしてくれたら今サインしますよ!

ここまで来たら、商談はいよいよフィナーレ!

事前に設定した値引き金額目標を見据えながら、最終落とし所の金額を自身で決めましょう!そして、営業さんに言うのです。「○○さん、もう、ちょうど切りのいい○○円にしてくだされば、今、この場でサインしますよ!また、長い付き合いをしましょう!」と言って営業さんの目を見つめて下さい(笑)

まあ、それ以外にも下取りの車があれば、買取業者に事前に査定してもらって下取り価格を上げてもらうとか様々な方法があると思いますが、、、

今回は直接営業さんとのやり取りで、値引きを引き出す方法を私なりにまとめましたー!これから車を購入される方は参考にしてくださいね!!

関連記事

  1. 決断して責任を引き受ける人と責任をたらい回しにする人

  2. 2019年!中小企業にとって今年の景気はどのように影響するかを考えてみた!?

  3. ウェブマーケティング

    イーエックスの渡瀬です(^^) ウェブマーケティングの情報を発信します!

  4. 日の丸

    我々日本人の歴史認識をもう一度アップデートしましょう!

アクセスランキング

  1. ウェブマーケティング
PAGE TOP