N501Yはヤバイ気がする!しっかり対策しましょう💦

みなさん、こんにちは。

昨年の今頃は、まさかここまでコロナが長引くとは思っていませんでした。
むしろ、今頃はアフターコロナで今まで消費を抑えていたい鬱憤が爆発して、大消費時代になって景気は爆発的に回復するのでは密かに思っていたのですが、どうやらそうでもなさそうです。

Withコロナは長引きますね💦

私達は中期的にコロナとともに過ごす(Withコロナ)覚悟を決めないといけないようですね。

経営者はWithコロナの経営施策を真剣に徹底し、むしろコロナだからこと必要な商品やサービスを開発し展開していかねばなりません。

それともう一つ気になることというか、対策を講ずる必要があるなと思うことが変異株(特にイギリス型N501Y)についてです。

本音を言えば、以前から私はコロナをそんなに恐れていませんでした。なぜなら感染のルートが飛沫感染のみだと思っていたからです。飛沫感染ならば究極手洗いとうがいの徹底で大丈夫という確信があったからです。

●むやみにモノを触らない。
●なにかモノを触ったら、即座にアルコール消毒をする。
●自分が何かにふれる前に必ず消毒する。
●むやみに顔(特に目・鼻・口)に触れない。

などで感染は防げると思っていたから。

N501Yは空気感染的な気がする!

しかし、どうやらイギリス型の変異種(N501Y)は、どうやら空気感染に近い広がり方を見せている気がするので、上記の対策だけでは不十分だと感じます。

医療専門家の間でも感染者が飛ばしたエアゾル(飛沫核)を吸い込むだけで感染し、また、そのエアゾル(飛沫核)は数十メートルまで移動する可能性があると指摘されています。

空気感染とは、感染者が飛ばした飛沫核(エアロゾル)を吸い込むことで感染することを言います。飛沫感染の場合は相手の飛沫を吸い込まなければ感染しないため、距離をあけて会話をする、咳やくしゃみをする際にはマスクをしたりハンカチを口に当てたりするいわゆる咳エチケットをしていれば飛沫は飛ばないので感染を回避できるという考え方でした。飛沫核というのはくしゃみや咳、つばといった水分が乾燥し、病原菌だけが空中に浮遊している状態と考えるとわかりやすいです。ですので、感染者と離れた場所にいたとしても長時間浮遊している飛沫核を吸い込むことで感染してしまうということになるのです。(新型コロナウイルスは空気感染するって本当?医師が解説します。

つまり、自覚症状のない感染者がいる換気が十分でない空間に居るだけで、場合によっては双方マスクをしていても感染しちゃう可能性があるということです。

だとしたら、対策の施しようがないですよね~(^_^;)

経営者は、しっかりした対策が必要

コロナが空気感染的な拡散しちゃうとしたなら、対策が難しいですよね~(´;ω;`)

てか、本当にロックダウンするしか感染拡大を防ぐことが出来ません。

ってことは経済をさらに止めなくてはならないという最悪の事態を招きかねない。

1.第4波、第5波の到来!
2.3度目の緊急事態宣言
3.医療現場の崩壊!
4.東京オリパラ中止!
5.消費マインドの低下

などです。

これで済めばいいほうです。最悪のシナリオは、これにプラスして大きな災害が起こったりしたら、財政逼迫、金融暴落なんて考えたくもない恐ろしいことだってないとは言えません。

企業としての具体的な対策

経営者の皆さん。経営の戦略オプションの一つに最悪の事態を含めた対策を考えたほういいですね。

場合によっては

1.公的資金・補助金の徹底活用
2.新商品・新サービスの開発
3.営業・サービスのオンライン化
4.業態転換
5.最悪は、、、事業をたためるうちに廃業する

お互いに、5にならないよう全力で事業構造の転換を図りましょう!!

人気記事

  1. ウェブマーケティング
PAGE TOP