【2020年】最新ワイヤレスイヤホン比較!実際の購入体験、レポートしますー!

みなさん、こんにちはー!

最近なんだか知らないけれど、ワイヤレスイヤホンが欲しくなってきました。だってノイズキャンセルとかがついためっちゃ高機能のイヤホンが各メーカーからいっぱい出てるじゃないですかぁ~!で、家にいる時間も長くなって、音楽とかじっくり聴きたいな~とか、オーディオブックも時間がある時、いっぱい聞きたいな~とかオンラインミーティングでも、イヤホン使うな~とか思って興味が湧いて来たのです!

しかし、このブログに書くからには、あくまでも時代をリードする最先端のビジネスマンにふさわしい、ビジネスアイテムでなければなりません。そして、そのワイヤレスイヤホンを有効に活用し、ビジネスの生産性が一番上がりそうなアイテムを選んで購入したいなと考えました。

ここでは購入までのプロセスを綴ってみますね!笑

ワイヤレスイヤホンがほしい理由

生活面における音の重要性

ワイヤレスイヤホンがほしいなぁ~と思います!なぜってやっぱ音楽聴きたいじゃないですかぁ~!

最近は忙しくて、なかなか出かけられないのですが、時間があって雨が降っていないときには、ほぼほぼ間違えなくお散歩に出かけます。いい空気を吸い、きれいな景色を見ながらの散歩は最高ですが、そこに素敵な音楽があれば更に快適な散歩になります。しかも、首周りにコードが纏わり付くのではなく、シュッとして嵩張らない格好で散歩したいですよね!

快適で最高の散歩のためにワイヤレスイヤフォンがほしいのです!

そして、よくよく考えてみると、実は私、音楽以上にオーディアブックを聞いています。超長時間!さらにそれ以外のときはYouTubeかNetflixを見てます!結局、ほぼ一日中、音を聞いているか音を聞きながら映像を見ています(笑)音って私達の生活にものすごく密着しています!そんな密着した音ですから、もう少し拘ってもいいのかなと!

ビジネスアイテムとして

私の最近のビジネスの特徴として、オンライン商談やオンラインミーティングがめっちゃ増えてきました。今までは、直接、お客様のところに出向いて打ち合わせをしていましたが、その打ち合わせの殆どがオンラインのミーティングに変わりました。自宅作業しているときは、もちろん備え付けのカメラとマイクでいいのですが、ちょっと外出している時にノートパソコンでオンライン商談する場合、ノートPCのスピーカとマイクではちょっと心もとないし、周囲にも気を使わなければなりません。そんな時に、素敵でかっこいいワイヤレスイヤホンがあったらいいですよね~!

おぉー!この人できるなぁ~って感じちゃいます!

最近のスマホにはイヤフォンジャックがない

このブログでは頻繁に登場しているのですが、現在、私が使っているスマートフォンはSONYのXperia1です。こいつ結構気に入っています。

そして、最近のスマートフォンの特徴として挙げられるのがイヤホンジャックがないスマートフォン。アップルのアイフォンは随分前からないし、私の使っているXperia1にも当然のことながらイヤホンジャックはついていません。

ってことはUSB-Type-Cの接続用の変換コネクタをいちいちつけてイヤフォンジャックをぶっ刺すか、はたまたBluetoothのワイヤレスイヤホンを使っておしゃれに音楽を楽しむかのどちらかです。

変換コネクタで有線のイヤホン付けてもいいんですが、散歩していてコードがブラブラしていると案外煩わしいんですよね!!ってことでワイヤレスイヤフォンがほしいんですよ~~~(笑)

用途にあわせた、様々な機能

はいはい、わかりましたよ!ほしいんでしょ!笑

で、問題はどのワイヤレスイヤホンがいいのかってことなんですが・・・機能面で色々と研究してみたいと思います。

まずは、ワイヤレスイヤホンにどんな機能がついているかってことですよね!単にBluetoothで無線接続できるイヤホンってだけじゃなく、ここ最近のワイヤレスイヤホンの進化ってすごいんですよね!

ノイズキャンセル機能

みなさん、ノイズキャンセル機能がついているイヤホンやヘッドホンってめっちゃ高いですよね!

でも、仕組みを調べてみると高いのも納得!単に耳に完全にフィットさせて外部からの音を遮断するだけじゃなくて、アクティブ・ノイズ・キャンセル機能ってのあるんですよ!イヤホンに内蔵されたマイクで騒音を集め、逆位相の音を発生させることで騒音を打ち消す、つまり音を相殺して雑音だけを消す最先端テクノロジーがアクティブ・ノイズ・キャンセリング機能です。

わかんないですよね?

ってことでこちらを参考にして下さい!

お答えします!「ノイズキャンセリングの仕組みについて」

聞く音ではなくマイクのノイズキャンセル機能(CVC:クリア・ボイス・キャプチャー)ってのもあります!ワタシ的には、外出時のオンラインミーティングなどビジネスアイテムとしての利用を想定した使い方なので、むしろこっちの機能のほうが魅力的なのかもしれません。

外音取り込み機能

イヤホンってすごいですよね!

単に音を鳴らすだけじゃなくて、外部の音を消すために遮音性を高め、更に最新のテクノロジーでノイズキャンセル機能なんて付けちゃうから、外出して車運転してても救急車の音も聞こえないし、イヤホンで通話する時なんて自分の声が聞こえなくなっちゃう!(※声がこもって聞こえちゃう!)

そんな時に簡単な操作で外の音が聞こえるようになる。これが取り込み機能なんです!

すごいですよね!

外の音が漏れ聞こえるんじゃなくて、ちゃんと高性能マイクで音を拾って、ちゃんとイヤホンで聞こえるようにしてるんです。こんな機能がついたワイヤレスイヤホンがあるんですよー!!

防水性

あと、機能としては防水性ってのがありますね。

いろんなワイヤレスイヤホンをこの記事を書きながら調べてるんですが、中には水泳しながら、ワイヤレスイヤホンを装着してる写真を掲載しているサイトがありました。はぁ?泳ぎながら音楽聴きたい人っている!?って思いましたが、思いつきました!防水性が高くて嬉しいシチュエーション!

それは、お風呂!

好きな雑誌を持って、素敵な音楽を聞きながらゆっくりお風呂に入るって最高に幸せですよね~!?そんな夢が叶う日が私に訪れるのでしょうか??

音質

機能ってわけじゃないけど、イヤホンって一番メインは音楽を聞くためだから、音が良くなければ始まりませんよね!

といっても、私、音楽の専門家ではありません。昔バンド組んでたとか、吹奏楽やってたとかって経験もありません。

音楽といえばせいぜいカラオケでYAZAWAを熱唱するか、お散歩でSpotifyのグローバルトップ50や人気のプレイリストを聞く位で、すごい拘っているわけではありません。(あっ、言っちゃった💦)

よく、音に拘った人がこのイヤホンはドンシャリだとかかまぼこだと言って評価してますが、「なんだドンシャリとかかまぼこって??」って感じです。ドンペリならいつかおろしてみたいと思いますし、かまぼこは小田原のかごせいか鈴廣をお取り寄せして、、、そしたら、やっぱ焼酎だよな、、、とかへんな方に思考がずれてしまい、ぶっちゃけあまりよくわかりません・・。すみませんm(_ _)m

なので、それなりにフラットでちゃんとした音が聞こえて、ホワイトノイズがなければいいんじゃないかと思います。

音楽の専門家でもなければ、案外こういう方多いんじゃないでしょうか???

強いてあげれば、コーデックですね!私のXperia 1のOSはもちろんアンドロイドなのでSBC / aptXのどちらかということになります。いくら音質なんてどうでもいいといいながらも、やっぱaptX対応でないと困りますね!

バッテリーの持ち

地味に重要なのが、バッテリーの持ちでしょうか?

なにせ、ワイヤレスイヤホンってめっちゃちいさいので、バッテリーが長時間持たないのではないかと疑っています。ジャックにぶっ刺すイヤホンはそんな心配は一切無用。しかし、ワイヤレスには常に充電が十分かどうかすごい気になります。快適にお散歩している途中に、バッテリーが切れてしまってはそもそもの目的が前提で崩れてしまいます。

やはり、それなりに長時間再生時間が確保できなければ困ってしまいます。

購入するワイヤレスイイヤホンの候補

なんだか、買う気満々なんですが、問題は何を買うかなんですよね!?

いろいろと調べている中で、下記の5つに絞り込んでみました!!

SONY「WF-1000XM3」

ここ最近の日本のメーカーのだらし無さにはほんとうに残念なのですが、なんだかんだ言っても、日本人なので日本のメーカーに頑張ってもらいたいとは思っています。

そして、日本メーカーで唯一、ギリギリ世界と戦うことのできるメーカーがSONYですよね!もちろん、ワイヤレスイヤホンでも、世界で初めて完全な形でノイキャン機能を盛り込んで発売された「WF-1000XM3」は第一候補としてリストアップしました!

ただしコーデックがaptXに対応してないってのがイケてませんね💦

以下にいろんな方のブログやYouTubeを参考に機能面の採点表を作成してみました!

SONY「WF-1000XM3」の機能採点表
ノイズキャンセル○ ノイキャンの走りですね!
外音取り込み○ 音に多少癖がありそうですね!
防水性
音質○ SBC, AAC 総じて評判はいいがコーデックが・・・。
バッテリー△ 最大6時間(ケース込み18時間)
コスパ△ ¥22,198(10/08:Amazon)
Amazonでの商品詳細

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/ Amazon Alexa搭載 /Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き /プラチナシルバー WF-1000XM3 S

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」

色々と調べてみると、このゼンハイザーというドイツのメーカーのワイヤレスイヤホンはとにかく音が最強らしい。やっぱり、ものづくりと言うと車もそうですが、やっぱりドイツは素晴らしいのでしょうね!

もちろん、ノイキャンや外音取り込み機能もしっかり付いていて通話の品質もかなりいいらしい。

問題は金額ですね!これも車と同じでしょうか?

きっと車に例えるとSENNHEISERはメルセデスでSONYはトヨタって感じでしょうか?

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」の機能採点表
ノイズキャンセル○ 本体の遮音性とノイキャンのバランスがいいみたいです
外音取り込み○ 自然な音の取り込みができるみたい
防水性○ IPX4
音質◎ SBC, AAC, apt-X 音に関しては他の追随を許さない様ですね!
バッテリー○ 最大7時間(ケース込み28時間)
コスパ✕ ¥36,300(10/08:Amazon)
Amazonでの商品詳細

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」

audio-technica「ATH-ANC300TW」

オーディオテクニカは日本国内の音響専門メーカーなので音は間違えないですね!ノイキャンも外音取り込みもそこそこ評判がいいので、バランス取れた素敵なワイヤレスイヤホンですね!自動車メーカで言うとホンダですかね!?

弱点をあげるとしたらバッテリーです!本体だけの再生時間が4.5時間は他のモデルと比較するとやっぱり短く感じちゃいます!お散歩の途中でバッテリー切れちゃったら嫌ですもんね!

audio-technica「ATH-ANC300TW」の機能採点表
ノイズキャンセル○ バランスの取れたノイキャン機能のようです。
外音取り込み○ さすが後発だけあって自然な音の取り込みのようです!
防水性△ IPX2 微妙(笑)
音質○ SBC, AAC 総じて評判はいいがコーデックが・・・。
バッテリー△ 最大4.5時間(ケース込み18時間)
コスパ○ ¥19,430(10/08:Amazon)
Amazonでの商品詳細

audio-technica QUIETPOINT ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン 防滴仕様 最大18時間再生 ATH-ANC300TW

Noble audio FALCON

Noble audioはアメリカのイヤホン専門ブランドで、創設者ジョン・モールトン博士は聴覚学者・聴覚専門医で音の魔術師と言われている人らしい!

ヤバイ!

オーディオビジュアル専門誌「HiVi」でオーディオビジュアルのプロフェッショナルが選ぶベストバイ企画のワイヤレスイヤホン部門で上位に選ばれた唯一の完全ワイヤレスイヤホンです。

驚くべきことにIPX7対応なので、念願のお風呂で音楽&オーディオブックが叶います!ただし、ノイキャンがついてません💧

Noble audio FALCONの機能採点表
ノイズキャンセル
外音取り込み
防水性◎ IPX7 念願の風呂場で音楽が実現できる!
音質◎ SBC, AAC, apt-X なにせ音の魔術師ですから!
バッテリー◎ 最大10時間(ケース込み40時間)
コスパ○ ¥14,980(10/08:Amazon)
Amazonでの商品詳細

Noble audio FALCON (NOB-FALCON)トゥルーワイヤレスイヤホン完全ワイヤレス (Black)

Soundcore Liberty Air 2

Ankerは中華(深セン)のメーカーで、モバイルバッテリーでめっちゃ有名なメーカーですよね!

私のモバイルバッテリーもAnkerを使っています。そのAnkerがワイヤレスイヤホンを出してました、案外評判がいいし、なによりめっちゃ安価(あんか~)なんです!※オヤジギャグぶっこんでみました笑

アクティブ・ノイズ・キャンセリング機能は付いていませんが、cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載したマイク機能がありますので聞く時の静寂性はないのかもしれませんが、通話時、こちらの声が鮮明に相手に伝わるんじゃないかと思っています!

今回の5機種の中では圧倒的にダントツでやすいのが超魅力です。

Soundcore Liberty Air 2の機能採点表
ノイズキャンセル
外音取り込み
防水性○ IPX4 うーん💦
音質○ SBC, AAC, apt-X 通話の音がいいらしいよ!
バッテリー○ 最大8時間(ケース込み32時間)
コスパ◎ ¥7,999(10/08:Amazon)最強!!!
Amazonでの商品詳細

Anker Soundcore Liberty Air 2(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ワイヤレス充電対応 / IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / HearID機能 / Qualcomm aptX™ / cVc8.0ノイズキャンセリング / PSE認証済】ブラック

結局、どれがいいの?

さて、様々な角度から候補を5つに絞りました。

どれも、それぞれの特徴があってなかなか魅力的ですよね!マジで甲乙つけがたいですーーー💦

今の所、残念ながらSONYはないかなって思ってます。はじめはスマホがSONYのXperiaだから大本命だなと思っていたのですが、調べれば調べるほど粗が目立ちはじめ、究極はapt-Xに対応してないってことが致命傷になりました。その割に案外価格も高いし、発売されて時間も経過してるので随分仕様も古くなってる感じなので・・・。

しかし、その他の4機種はどれも魅力的で、ほんと難しいですね!

いずれそのうち、どれかを選んで購入します。購入したら、またこちらでご報告しますので、今しばらくお待ち下さいませーー!!!!

2020.10.15 追記

ついに買いましたよ~!

結論から言うとNoble audio FALCONを買いました!そのレビューも書きましたので、興味のある方は是非!!

Noble audio FALCONのレビュー記事⇒Noble audio FALCONレビュー!コスパ最強のワイヤレスイヤホンだった件!

関連記事

  1. LTE対応ノートPC、Latitude 7380のSIMカードの選定をしなきゃなんないけど̷…

  2. 今更ながら古いSONY Xperia1を買いました!

  3. メルセデス・ベンツ

    ビジネスアイテムとして活用する、今、最もかっこいい車選び(笑)PART-Ⅰ

  4. LTE対応で今一番かっこよくてビジネス用途にマッチするノートPCをポチッとした話し・・・。

  5. Essential Phone PH-1がついに届きました!で、SIMカード調達奮闘記!

  6. パソコンで使える音声入力用マイク!その名もXIAOKOA PCマイク

  7. LTE対応のノートパソコン!Latitude 7280のMicroSIM調達とそのAPN設定方法!

  8. ASUS フレームレス モニター 23インチ

    DELLの古くて安いPC(Inspiron660s)を第一線の現役マシーンに改造!

アクセスランキング

  1. SEO対策
  2. 鉛筆
  3. newspicks
  4. 新規開拓
  5. サーバー
  6. マーケティング戦略
  7. ワードプレス
  8. ASUS フレームレス モニター 23インチ
  9. SEO対策とリダイレクト
PAGE TOP