Search Consoleで「カバレッジ」の問題が新たに検出されましたと表示されたときの対処法【WordPress編】

Google Search Consoleを利用しているとWebサイトに問題がある場合、知らせてくれます。

これがとても便利で、SEO対策上問題が生じた場合、迅速に対応することが可能です。

当サイトでも、本日、Google Search Consoleで問題が検出されたとのお知らせが来たので早速対応しました。

Google Search Consoleでのエラー

Google Search Consoleでのエラー通知

 

今回のエラーの内容は「サイト https://www.ex-company.jp/ で「カバレッジ」の問題が新たに検出されました」とのこと!

今回は「カバレッジ」で新たな問題が発生しているらしい。

「カバレッジとは何か?」については以前の「SEO対策の基本中の基本、Google search Consoleを利用しよう!」を参照して下さい。

まずは「カバレッジ」のメニューを見てみます。

Google Search Consoleのカバレッジメニュー

 

なるほど。

確かに1件、エラーになっていますね!そして、エラーの内容を更に詳しく見ると「送信されたURLにnoindexタグが追加れています」と書いてあります。

つまり今回のエラーの内容をわかりやすく解説すると「サイトマップに登録・送信されたURLのうち1つがnoindexメタタグが書かれてるけど、それでもいいの?」ってことです。

※noindexタグとは、ウェブ・サイト内に記述するhtmlコードでGoogle検索に表示されないように(データベースにインデックスしないように)ブロックする合図。

結論から言うと今回エラーになっているURL(https://www.ex-company.jp/sitemap.html)はインデックスする必要の無いコンテンツなのでnoindexでいいので、そのまま放置でも構わないのですが、エラーって言われると気持ちが悪いので改善したいと思います。

今回のエラーの原因はGoogle XML Sitemapsの設定の問題

では、なぜこの様なエラーが出てしまったのでしょうか?

Google Search Consoleのメニューには「サイトマップ」というメニューがあり、このウェブ・サイトにはこんなページがありますよーとGoogleに知らせクローラーに巡回を促進する項目があります。

今回、エラーの出たこのサイトはWordPressで作成していて、簡単にサイトマップを生成して登録することが出来る「Google XML Sitemaps」というとても便利なプラグインを使っています。

このプラグインのデフォルトの設定だと「html形式のサイトマップを含める」がチェックされていて、noindexタグ付きのsitemap.htmlがサイトマップの中に含まれてしまいます。

Google XML Sitemapsの設定画面

 

対応は極めてシンプルでこのチェックを外して更新するだけ。

これで、エラーの原因だったnoindexタグ付きのsitemap.htmlはサイトマップに含まれなくなります。

カバレッジのエラー解消

最後にGoogle Search Consoleのカバレッジのエラーページで「修正を検証」ボタンをクリックするのをお忘れなく!

Google Search Consoleから送られてきたメール

 

しばらく、待っていると上記のようなメールが届きます。

どうやら、無事に問題は解消されたようです。

Google Search Console カバレッジ画面

 

実際にGoogle Search Consoleで確認すると、見事にエラーは0件になっています。

これで、とても清々しい気持ちでサイトの運営が出来ますね!

皆さんも、Google Search Consoleで問題が検出されたときは迅速に対応して、健全なサイト運営を推進して下さい。

関連記事

  1. SEO対策とリダイレクト

    WordPressにSSLを導入したらリダイレクトをお忘れなく!!

  2. SEO対策にもブランドが重要というのは本当か!?ブランド力と検索順位の関係性!!

  3. SEO対策

    SEO対策とは!【コストを掛けず業績を向上させる中小企業には必須の経営対策!】

  4. サーバー

    WordPressの表示がめっちゃ重い時、一番はじめにやる対策

アクセスランキング

  1. ASUS フレームレス モニター 23インチ
  2. fitbitが来た!
  3. WordPress
PAGE TOP