ビジネスアイテムとして活用する、今、最もかっこいい車選び(笑)PART-Ⅲ

こんにちは、渡瀬です。

引き続き私の車選びの話を綴ってまいります。

前回、ビジネスアイテムとしても素敵でかっこいい車は何かを考えて、BMW5シリースとメルセデス・ベンツEクラス、トヨタ、アルファード・ベルファイヤーの3車種に絞り込みました。

さてさて、この中から具体的に購入する車を決定したいと思います。

ブランド力

ブランド力で言うならば、メルセデスとBMWが当然のことながら強く、トヨタはこの二大ブランドには到底太刀打ちできませんよね。まあ、トヨタの中でもレクサスとかのブランドはそこそこ育ってまいりましたが、、、ベンツやBMWには及びませんね!

ということでブランド力ではBMWとメルセデスの勝利!

高級感

高級感においては、メルセデス・ベンツが他を一歩リードしていると思います。ベンツと言うと医者や弁護士、社長が乗っているイメージが鮮明に想像できます。

反面、BMWは若手の社長、医者や弁護士のドラ息子がスネをかじって買ってもらったみたいな感じでしょうか(笑)そういう意味で高級感と言うとメルセデスに劣る感じがします。

アルファード・ヴェルファイアはベンツ・BMWにまったく太刀打ちできないかと言うとそうでもなく、日本国内ではタレントさんやスポーツ選手など多くの有名人が愛用しており高級感では決して引けを取らないレベルになってきたと思います。

かっこよさ、クールさ!

次に車のかっこよさです。これはやはり BMW が一歩リードですかね。

ホテルなどに颯爽とBMWとかで乗り付けて、ビシッと決めたスーツ姿で降りてきたりしたらなかなかかっこいいですよね~!

メルセデスはどちらかと言うとおじさんくさいイメージ、もくしくはオラオラ感が先行してしまいます。

またアルファード・ヴェルファイアもかっこよさという点で比較するとBMWには敵いませんね!!

かっこよさクールさにおいて言えばBMWも5シリーズは若干おっさん臭さが漂いますが、まあBMWというブランドがクールさの代名詞。かっこよさではやはりBMWが大本命だと思います。

乗り心地・快適性

乗り心地や快適性について言えば間違いなくミニバンのアルファード・ヴェルファイアが群を抜いていると思います。

最新の30系はサスペンションも改良され乗り心地がかなり良くなっていると言われてますし、何と言っても広い空間、高級な内装はBMWやベンツを一歩リードしているのではないかと思います。

やはり、セダンでは実現できない快適さがミニバンにはあると思います。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスはダントツでアル・ヴェルがリードしていると思います。内装の充実度・高級感ではベンツ・BMW に引き受けしてとらないレベルまで来ていますが、料金は半額ぐらいで購入することができます。

そういう意味でアル・ベルはストパフォーマンスはダントツに優れた一台であると思われます。

まとめ

項目BMWアル・ヴェルベンツE
ブランド力535
高級感445
クール度533
快適性354
コスパ353
合計202020

まあ、好き勝手なことを色々と綴ってきたわけですが、表にまとめるとこんな感じでしょうか!どれも横一線のいい勝負!

そしてそして、、、現実性という項目を一つ追加すると。。。アル・ヴェルが一歩リードかもしれませんね!!だって金額で言えばベンツやBMWの約半分だもんね。。。

具体的に金額面なども含めて検討していきたいと思いますー!

関連記事

  1. Essential Phone PH-1がついに届きました!で、SIMカード調達奮闘記!PartⅡ

  2. 今更ながら古いSONY Xperia1を買いました!

  3. ビジネスアイテムとして活用する、今、最もかっこいい車選び(笑)完結編。ヴェルファイヤーを購入!!

  4. ASUS フレームレス モニター 23インチ

    DELLの古くて安いPC(Inspiron660s)を第一線の現役マシーンに改造!

  5. LTE対応のノートパソコン!Latitude 7280のMicroSIM調達とそのAPN設定方法!

  6. メルセデス・ベンツ

    ビジネスアイテムとして活用する、今、最もかっこいい車選び(笑)PART-Ⅰ

  7. Essential Phone PH-1がついに届きました!で、SIMカード調達奮闘記!

  8. LTE対応で今一番かっこよくてビジネス用途にマッチするノートPCをポチッとした話し・・・。

アクセスランキング

  1. SEO対策
  2. 車の商談
  3. メルセデス・ベンツ
  4. 鉛筆
  5. newspicks
  6. 新規開拓
PAGE TOP